【チャートで解説】アイリッシュウイスキージェムソンの味と特徴

【チャートで解説】アイリッシュウイスキージェムソンの味と特徴

ジェムソンとは

ジェムソンは、ウイスキー発祥の地(諸説ありますが)とされている

アイルランドのブレンデッドウイスキーで、

世界で1番飲まれているアイリッシュウイスキーです。

アイリッシュウイスキーの特徴的な製法

原料の違い

まず、原料ですがスコッチをはじめとするウイスキーは

大麦麦芽を使うのが一般的ですが、アイリッシュの場合、大麦麦芽の他にえん麦(オーツ麦)

小麦、トウモロコシを使用しているところにあります。

これにより香ばしくまろやかな香りになるといわれています。

また、この種類の多さにより、糖化に長い時間がかかりオイリーな

味になるのも大きな特徴です。

蒸留方法

次に蒸留方法ですが、一般的なウイスキーは、蒸留を2回行うのですが

アイリッシュに関しては蒸留を3回繰り返す方法を取っております。

これにより、癖が少なくスムーズに、そして滑らかなウイスキーになるのが特徴です。

この癖のなさから、カクテルのベースとしても使われることも多いようです。

ジェムソンハイボール特徴まとめ

 

実際に飲んでみた感想

なめらかで飲みやすい。

他のウイスキーとは別ジャンルだと感じる味で

それは、アイリッシュの特徴であるのオイリーさからくるものかもしれません。

すっきりさとドライな味の印象も受けます。

ナンバー1のアイリッシュウイスキーという側面から悪い癖がなく

スムーズに飲んでもらえるように作られていると感じられます。

癖がないので、ジンジャエールやライムを入れると相性良さそうです。

公式サイトでもジャンジャーライムを推しています。