ピート全開アードベッグの特徴とは【スモーキーハイボール】

ピート全開アードベッグの特徴とは【スモーキーハイボール】

アードベッグとは

アードベッグとは、スコットランドのアイラ島で作られているシングルモルトウイスキーです。

1815年創業の、古典的かつ伝統的なアイラモルトで、スコッチブレンデッドウイスキーの「バランタイン」の原酒でもあります。1997年、グレンモーレンジィ社に買収されたアードベッグ蒸溜所は、本格的な復活を遂げていきます。

強烈なピート

アードベッグはなんといっても、その強烈なピートが特徴です。

好き嫌いは分かれると思いますが、熱狂的なファンも多く好きな人は病みつきになる味といえるでしょう。

このピートが特徴のアイラモルトの中でもスモーキーさが強く、アイラの王様とも呼ばれこちらもスモーキーさが強烈なラフロイグをも上回ります。このスモーキーさを計るフェノール値という指標があるのですが、その値で1番となっています。

  • アードベッグ:約55ppm
  • ラフロイグ:約45ppm
  • ラガヴーリン:約40ppm
  • カリラ:35ppm
  • ボウモア:約20ppm
  • ブナハーブン:約5ppm
  • ブルイックラディ:約5ppm

値を見ても想像しづらいかもしれませんが、あの微かに感じる白州のピートのフェノール値で5ppmくらいです。数あるアイラ・モルトの中でも、トップクラスの強烈な個性を誇るのが「アードベッグ」です。

アードベッグ10年の特長まとめ

実際に飲んだ感想

最初からピートのスモークの香りが強く広がります。

わかりやすく本当に強烈なピートの味だけだと思うのですが、飲んでるうちに慣れてきて奥にスコッチの麦芽の甘い味がするのに気づきます。これは好きな人はめっちゃ好きな味だと思います。

ピートがない状態だとすっきりとして甘く軽快な味わいだと感じました。そしてハイボールにするとこの軽快な味わいが引き立ったアイラで一番のスモーキーハイボールになります。

ぜひ、試してみてください。