日本のウイスキー「ジャパニーズ」の特徴や種類、代表銘柄を紹介

日本のウイスキー「ジャパニーズ」の特徴や種類、代表銘柄を紹介

ジャパニーズウイスキーとは

ジャパニーズウイスキーとは文字通り、日本で造られるウイスキーのことです。

ジャパニーズウイスキーの誕生は20世紀に入ってからと、世界5大ウイスキーの中でも最も歴史が浅いウイスキーになります。しかしながら現在では、その優美で繊細な味わい高い技術力が世界に認められ注目を集めています。

 

ジャパニーズウイスキーの条件と種類

もともとスコッチをお手本に誕生したジャパニーズウイスキーですが、スコッチのような製造に関する細かな規定はなく、原料が違うアルコールを混ぜていてもウイスキーと名乗れてしまう状況です。

しかし、決まりはなくともプライベートブランドみたいな安いものじゃなければほとんどがしっかり造られているのでご安心ください。

製品の分類としては、スコッチと同じモルトウイスキーグレーンウイスキー、両者を混合したブレンデッドウイスキーが造られています。

日本では原酒の売買が行われず、各メーカーが複数タイプの原酒を造り分け独自にブレンドを行っています。そのため各メーカーで多彩な原酒を造り分ける技術が磨かれていったと言われています。

ジャパニーズウイスキーの味や特徴

スコッチをお手本に造られたジャパニーズウイスキーですが、その味はより複雑で繊細と評されており、日本人の舌に合うように全体的な傾向としては飲みやすくマイルドな傾向の銘柄が多い印象です。

また、日本の文化的に食事中に味わうことが多いので水割りやハイボールなどどんな飲み方をしても味が崩れないようにウイスキー造りが行われています。

ジャパニーズウイスキー誕生の流れ

ジャパニーズウイスキーの誕生はサントリー創業者、鳥井信治郎が中心となって実現されました。

鳥井は1899年、20歳のときに大阪西区に寿屋の前身となる鳥井商店を起こします。そして1907年に発売した甘味葡萄酒「赤玉ポートワイン」が爆発的にヒットし、その資金を利用しかねてより必要性を感じていた国産ウイスキーの実現のために蒸留所建設に乗り出します。

その頃、スコットランドでウイスキー造りを学んだ竹鶴政孝を工場長として向かい入れ、1923年、山崎蒸留所の建設に着手しウイスキー事業を本格的に始動させました。

こうして1929年に国産第一号の本格ウイスキー「白札」が発売されます。しかし待っていたのは順風満帆とはいえないものでスコッチの特徴でもあるスモーキーさが「白札」にはあり、当初の日本人には受け入れられなかったようです。

その逆境にも負けず鳥井はマスターブレンダーとして日本人の味覚や嗜好に合うウイスキーを造るべく地道に試行錯誤を繰り返し1937年、鳥井の自信作「角瓶」が誕生します。

これが大ヒットし、日本にウイスキー文化が定着したといわれています。

日本の主なメーカーと蒸留所

サントリー

サントリーの歴史は、日本のウイスキー発祥の歴史とイコールになる部分が多いのですが先ほども出てきた山崎蒸留所を作った後に、白州蒸留所を造り国内には2つの蒸留所を保有しています。

第1次ウイスキーブームを起こした角瓶の発売のあとに、ローヤル、オールド、トリスなどのウイスキーを発売しています。

その後、1983年をピークに縮小し続けていた国内ウイスキー市場を復活させるきっかけにもなった「角ハイボール」で第2次ウイスキーブームを巧みな広告戦略で巻き起こしました。

近年は山崎白州などのシングルモルトやなどのブレンデッドが国際的な酒類コンペティションで数々の賞を受賞するなど同社のウイスキーは世界でも高く評価されています。現在は世界的にもあまりの人気で原酒不足となり価格が高騰しています。

ジャパニーズウイスキーを初めて世に送り出しただけではなく、たゆまぬ商品開発を取り組み巧みな広告戦略で日本にウイスキーという文化を根付かせた同社の功績は素晴らしいです。

サントリー代表銘柄

山崎

白州

ニッカウヰスキー

先ほどの、鳥井信治郎と一緒に国産本格ウイスキーの誕生に携わった竹鶴政孝が独立、ニッカウヰスキーの前身となる大日本果汁を設立し、北海道の余市に工場の建設をしました。

竹鶴が余市を選んだのは「スコットランドに似た気候風土でウイスキーを造りたい」という信念からで、余市にはスコットランドに似た冷涼で湿潤な気候雪解け水やピートが豊富に入手できる環境がそこにはありました。

1956年にモルトと混和した本格的なブレンデッドとして、あの「ひげのおじさん」でおなじみのブラックニッカを発売したのちに、別の特徴を持つ原酒を求めて宮城峡蒸留所を設立しました。

1989年には本格的なシングルモルトの余市宮城峡を発売、2000年に余市と宮城峡をブレンドしたピュアモルトの竹鶴を発売しています。

ニッカウヰスキー代表銘柄

余市

 

竹鶴

キリンディスティラリー

1973年に生産がスタートした御殿場蒸留所は、現在キリンビールの単独所有となっているがもともとは当時世界最大手だったシーグラム社とその傘下のシーバスブラザーズ社とキリンビールの3社共同出資して設立したキリンシーグラム社の蒸留所としてスタートしています。

銘柄としては富士山麓を生産しています。富士山の雪解け水が大地にしみ込んだ天然の軟水を使用しているこのウイスキーは、アルコール度50%での小樽熟成など、細部にまでこだわっており「クリーン&エステリー」とも表現されるまろやかでフルーティな風味を持ちます。

キリンディスティラリー代表銘柄

富士山麓

ベンチャーウイスキー

ベンチャーウイスキーは、2004年に肥土伊知郎が創業。祖父の代から作り続けた原酒を瓶詰めした「イチローズモルト」を企画し話題を集めます。

2007年、新たな理想のウイスキー造りを追求するため、埼玉県秩父市にモルトウイスキー蒸留所を竣工。2008年から新たなウイスキー生産を始めました。

将来的には自分たちで製麦もしたいという夢を持っておりフロアモルティングを学ぶために毎年イギリスのクリスプ社で研修を受けています。

ベンチャーウイスキー代表銘柄

イチローズモルト

まとめ

ざっくりと説明していきましたがいかがだったでしょうか。

世界的にも人気を集めるジャパニーズウイスキーです。ぜひ日本人なら一度は味わっていただきたいですね。あなたに合う一本を見つけてみてください。