フルーティなウイスキー宮城峡の味と特徴は【ハイボール】

フルーティなウイスキー宮城峡の味と特徴は【ハイボール】

宮城峡とは

宮城峡とは、ニッカウヰスキーが造るシングルモルトウイスキーです。

ニッカウヰスキーからは、シングルモルトウイスキーはこの宮城峡と余市というウイスキーの2種類があります。ニッカウヰスキーの第2の蒸留所として造られたのがこの宮城峡を作る宮城峡蒸留所です。

余市と飲み比べたい、軽やかな華やかさ

スコットランドの蒸留所に例えるなら、余市蒸溜所はハイランド、宮城峡蒸溜所はローランドの蒸留所といわれています。力強く、ピーティで潮っぽい余市に対して、華やかでフルーティ、スイートな宮城峡。

竹鶴は、この違いにこだわり抜いたと言われています。この頑なさは、現代ヘと脈々と受け継がれています。
余市と比べて大型のバルジ型(ボール型)ポットスチルは、ヘッドの表面積が丸く大きいため、還流が起こって重い成分が上昇しにくく、軽やかな香味成分だけを取り出せます。さらに石炭直火焚きではなく、スチーム加熱式という間接加熱ですっきりとした酒質に仕上げています。

麦芽はピートを焚かないか、ライトピートのもの。すべてが余市とは違ったやわらかで軽く、スムーズな原酒を造るための工夫です。フルーティな甘味と高原を吹きわたる爽中かな風のような飲み心地。それでいて深みのあるコク。ぜひ余市と飲み比べてみて頂きたいです。

また、ニッカウヰスキーでのブレンデッドの銘柄で有名な「竹鶴」は、この宮城峡と余市をブレンドして作られたものなのでこちらとの飲み比べも楽しいでしょう。

宮城峡の特徴チャート

香りはシトラスフルーツ、バニラ、クリーム。フローラルかつフルーティ。加水でみずみずしいリンゴ

味わいはスイートでスムーズ、非常にソフトでバランスに優れています。加水でよりフルーティ。

総合的にスペイサイドモルトを彷彿とされるような秀逸な仕上がりです。ハイボールにすることでフルーティさはより強調され、甘味がありいくらでも飲めちゃう印象です。