日本3大ウイスキー「山崎」の味と特徴は【ハイボール】

日本3大ウイスキー「山崎」の味と特徴は【ハイボール】

山崎とは

山崎とは、日本の三大ウイスキーの1つで、サントリーが初めて作ったシングルモルトウイスキーです。

近年、国際的な酒類コンペティションで数々の賞を受賞するなど世界でも高く評価されています。現在は世界的にもあまりの人気で原酒不足となり価格が高騰しています。

日本初の本格ウイスキー蒸留所「山崎蒸留所」

山崎蒸留所は、京都にほど近い、天王山山系の山の麓に位置する大阪府山崎。かつては千利休が茶を点てたといわれる名水の地に、山崎蒸留所はあります。

山崎の地が選ばれた理由は、ウイスキー造りに欠かせない良質な水熟成に向く湿潤な気候という自然条件が揃っていたことがあります。

理想のジャパニーズウイスキー

華やかにふわりと包み込む甘い香りは、ワイン樽の熟成のモルトによるのか、香木のようなクリーンな香りはミズナラ樽熟成のモルトの個性なのか、スタンダードなものではありますが風味はとても複雑です。

クセが少なく飲みやすいそれでいて深みがあって華やかというジャパニーズウイスキーの特徴をしっかり継承していると言えます。

山崎蒸留所にはさまざまな酵母やポットスチル、熟成樽が備えられていて、これだけ多様性を持っているのは世界でもここだけといわれるほどです。

その利点を最大限に活用してウイスキー業界でも稀なモルト原酒の「造り分け」を行っています。そうして生まれた製品のうちのひとつが、この「山崎」。ワイン樽とミズナラ樽で熟成させたモルトを中心にヴァッティングした逸品。職人やブレンダーたちの緻密な技術力の結晶といえるでしょう。

「日本の感性に合ったウイスキーを造る」という創業者鳥井信治郎の信念が今も生きている証拠ともいえるでしょう。

山崎の特徴チャート

 

香りはプラム、梅酒、ミント。厚みがありしっかりしています。ベリーの入ったチョコレート、イチゴの樽とのような香り。

味わいはリッチで甘・辛・酸のバランスが秀逸。余韻は中程度。上品な甘さが心地よい。総合的に複雑でバランスもよくしっかりとしている印象です。

色々な味がして複雑なのにバランスが良いのでチャートにするのが難しいですw

ハイボールにすることで爽快感が加わり、普通のハイボールとは違った力強い高級なハイボールになります。マッカランにも微かに似ている気がします。

ぜひジャパニーズウイスキーのキング的存在「山崎」試してみてください。