日本の本格スモーキーウイスキー「余市」の味と特徴とは

日本の本格スモーキーウイスキー「余市」の味と特徴とは

余市とは

余市とはニッカウヰスキーが始めた作ったシングルモルトウイスキーです。

サントリーの鳥井信治郎と一緒に国産本格ウイスキーの誕生に携わった竹鶴政孝が独立し、スコットランドに似た気候風土でウイスキーを造りたい」という信念から北海道の余市という場所に蒸留所が造られました。

余市にはスコットランドに似た冷涼で湿潤な気候雪解け水やピートが豊富に入手できる環境がそこにはありました。

本場のスコッチに負けないウイスキーを

リッチで力強いコク、香ばしい味わい。ヘビリーピートのスモーキーな風味。「本場のスコッチに負けないウイスキーを」竹鶴政孝の信念が結実した蒸留所で造られたのが、この「シングルモルト余市」です。

竹鶴がこだわり抜いた冷涼で湿潤な気候と澄んだ仕込み水、そして潮風が吹く大自然。加えて石炭でによる直火蒸留。こだわりのすべてが素晴らしい魅力となって1本のボトルに込められています。

余市のポットスチルはストレートヘッド型。ヘッドがまっすぐなため、重い成分が立ち上がりやすくヘビーで複雑な味わいになります。仕込み水は、余市川の伏流水。この雪解け水はミネラル分が非常に少ない超軟水

そしてバーボン樽、シェリー樽、新樽を駆使した、熟成年数の長短を感じさせない選び抜かれたモルトの魅力。匠たちの技の切れ味には感動を覚える1本です。

余市の特徴チャート

 

香りはフルーティーでリッチ。メンソール、オールスパイス、クリーム。奥に微かなスモーク香

味わいはスパイシーでコクがあり加水することで潮の香りとピートを感じられます。そして力強い樽香。総合的に力強い風味、やわらかいピートとスパイス、ハーブの風味が爽やかです。

やはり、ブラックニッカとはひと味違ったシングルモルトのウイスキー。ピートの感覚はスコッチを彷彿とさせる本格派です。

ジャパニーズウイスキーはハイボールにしてもバランスが崩れず飲みやすくなるので、余市のスモーキーハイボール味わってみてはいかがでしょうか。