日本の新しいウイスキー「イチローズモルト」の味と特徴とは

日本の新しいウイスキー「イチローズモルト」の味と特徴とは

イチローズモルトとは

イチローズモルトとは、ベンチャーウイスキーが造るブレンデッドウイスキーです。

日本のメーカーで、サントリー、ニッカ、キリンが代表的なメーカーですが、肥土伊知郎氏が新たな理想のウイスキー造りを追求するため、2004年にベンチャーウイスキーを創業。2008年から新たなウイスキー生産を始めて生まれたのがこのイチローズモルトです。

世界が注目する日本のクラフトディスティラリー

発売と同時に完売。そんな商品も少なくない、常に品薄状態が続いているのがこのイチローズモルトです。

同社の代表・肥土伊知郎氏が会社を設立したのは、実家が埼玉県羽生市で経営していた東亜酒造が売却された際に、残っていたウイスキー原酒を活用するためでした。

この原酒から「カードシリーズ」などの名品がリリースされ、イチローズモルトの名は国内外のウイスキー愛好家から注目を浴びました。

ダブルディスティラリーズは、残っていた羽生蒸留所の原酒と、秩父蒸留所で当たらに造られた原酒をヴァッティングしたブレンデッドモルト。羽生蒸留所のシェリー樽熟成の原酒は深い甘味が特徴。

一方の秩父蒸留所のミズナラ樽熟成の原酒は日本らしい爽やかな特徴。その2つが見事に合体しています。

イチローズモルトの特徴チャート

 

香りはユーカリ油、ハーブ、オレンジピール、ミント。加水でバニラクリーム。

味わいはシェリー樽由来の深みのある甘味と、ミズナラ樽の爽やかなミントとハーブのような風味。微かな新樽香。

個性的で複雑な風味をぜひ試してみたい。