森が香る白州ハイボールとは?味と特徴をチャートで解説

森が香る白州ハイボールとは?味と特徴をチャートで解説

白州とは

白州はサントリーが作っているシングルモルトウイスキー

世界に誇るジャパニーズ3大ウイスキーのひとつです。

日本で初めてウイスキーづくりを始めてからちょうど50年を迎えた1973年、

サントリーが山崎とは異なるタイプのモルトウイスキーを求めて作られたのが白州です。

 

森の蒸留所

白州蒸留所は世界でも稀に約700メートルの高地の広大な森の中に作られており、

豊かな森に囲まれたところから森の蒸留所と呼ばれており

そこでできる白州はすっきり爽やかな味わいから森のウイスキーとも呼ばれています。

 

南アルプスの天然水

この森の蒸留所は山梨県北杜市の南アルプスの麓にあり、

ウイスキー造りにこの良質な天然水をふんだんに利用されています。

この天然水はミネラルを含むキレの良い軟水で、これで作られた原酒は軽快で穏やかな味わいを持ちます。

重厚で華やかな山崎の原酒とはタイプが異なり、新たな原酒の開発に成功しました。

白州ハイボールの特徴まとめ

 

 

実際に飲んでみた味は?

フルーティでライト、ものすごく飲みやすい。

甘さの強いフルーツというよりは、すっきりとした白桃とレモンを足した感じ

レモン感あるけどがっつり柑橘とまではいかないすっきりさです。

そしてあとからくる微かなピートの感じがとてもイケてます。バランス最高。

このピートは、スコッチのピートの潮風を感じるしっとりとしたスモーキーではなく

爽やかなスモーキーさというイメージです。(これは森と水が育んでいるんだろう)

このバランスの良さがいくらでも飲めてしまう印象ですw

やはりこのフルーティさもハイボールにすることによってすごく際立つし、

サントリーも森香るハイボールと謳ってるだけあって、すごく炭酸が合います。

初心者にもおすすめなハイボールだと言えそうです。